医者

テニス肘になった場合医療機関も活用して治療を行うと早く治る

定期的な健康診断を受ける

女医

がんは早期の発見ができれば大事には至りません

がんの種類には、いくつかあります。それに伴い原因も症状もそれぞれ違うので、がんという病気を一括りにすることは良くありません。がんを発症する部位が違います。生活習慣による発症やたばこが原因になるがんと様々あります。がんという病気は、早期発見することで、深刻な問題になることはありません。ですから、早期発見し早期の治療が鍵を握ってきます。定期的な健康診断や人間ドッグを行いましょう。体に異常を感じれば、すぐに病院で医師に相談しましょう。

胆のうがんは初期の発見がしにくい

がんの中にも、胆のうがんというものがあります。この胆のうがんは、胆のうや胆のう管にできる悪性の腫瘍のことを言います。他に、胆管がんと乳頭がんもまとめて胆道がんと呼ぶこともあります。胆のうがんは、発見しにくい病気です。がんが胆のうの壁内にある時には、初期症状等はないことがほとんどです。エコーなどの検査で偶然に見つかることがあります。しかし、症状が進行すると自覚症状がでてきます。その症状としては、みぞおちや右脇腹に痛みが生じます。さらに、悪くなってしまうと、嘔吐や体重の減少が起きます。この症状が起きると胆のうがんだけではなく、他の病気の可能性があるので、すぐに病院に行って医師に相談しましょう。胆のうがんは、初期の症状が分かりにくい病気ですので、何かの異変があれば、すぐに病院に行かないと病気が進行するので、早めの対応が大切です。