医者

テニス肘になった場合医療機関も活用して治療を行うと早く治る

検便で病気を発見する

看護師

検便を行うことで様々な病気の早期回復になります

検便検査とは、便を検査し、寄生虫や今では大腸がんを調べることができます。便は検体の情報が多くあります。目に見えて分かる血便であれば、異変を感じ病院に行く人は多いです。しかし、少量の血便により気が付かない場合もあります。血便は、明らかに体の異常となります。がんの初期症状で血便が出ている可能性もあるので、それを検便で分かるのは、病気の初期段階での発見へと繋がります。

検便のやり方を知っておくことで正しく検査ができます

検便検査のやり方は、いくつかあります。自分に合ったやり方を選び、正しく検便を行いましょう。そうすれば、正しく検便検査できるので、間違いのない結果が出るでしょう。様々なやり方があるので、事前に調べることでスムーズに検便が出来るでしょう。検便の際に、気をつける点があります。下痢や生理の場合は、検便は控えておいたほうが良いでしょう。生理であれば、便に血が混ざってしまい検査結果が陽性になってしまいます。どうしても、その時に出さないといけない場合には検査側に伝えておきましょう。

便秘で検査が不安でも改善方法はあります

便秘などでなかなか便が出ない人は、きちんと便を検便検査できるように、食物繊維の多い食べ物をたくさん摂りましょう。いざ、検便の時に便が出ず力んで出していれば、血が混じる場合もあるので、検便の数日前には食事に気を使いましょう。他に、毎日トイレに行く時間を決めておく習慣や軽い運転を行うのも良いでしょう。腸のマッサージも便秘解消に効果的です。